HOME»  純武心幸福道場»  私のミッション»  暴力三原則

暴力三原則

 

暴力(パワハラ)

これは人間社会の永遠のテーマである 

世界中どこの国であれ、大人社会にも、子供社会にも

ありとあらゆる人間社会に存在しうるものである

そして人類がどんなに進化しようと決してなくならないものでもある

でもそれは人間社会の素晴らしさの裏返しともいえるのだ

なぜなら人間には心があり、肉体があり、そして自由がある

だからこそ感動的な人間愛も生まれれば

憎むべき暴力や戦争も必然として生まれるのだ

そうであるなら人間としての心構えは

<暴力はしない・させない・みてみぬふりしない>

この暴力三原則のルールが大切であり必要だ

第一にまず何より自分自身が暴力を振るわない

体罰も問答無用でダメだ

心と言葉を尽くせず相手を説得できないからこそ力に頼ってしまうのだ

自分の心と頭の弱さをひけらかしているのと同じである

第二に目の前の相手にも暴力をふるわせてはいけない

相手が殴ろうとしたら殴らせてはいけない

それは<自分が傷つき><相手を暴力者にさせ><暴力を許す空気を作る>からだ

三つの意味で殴らせてはいけないのだ

第三に第三者が暴力を振るう行為もできる限り未然に防がねばならない

誰かが傷つき・誰かが暴力者になり・暴力を許す社会にしないためだ

そんな時は警察に頼めばいい?

警察にできるのはほとんどが事後処理である

ほとんどのイジメや暴力沙汰を未然に防ぐのは

当事者たちの人間愛とそれに基づく勇気が発揮されるか否かで決まるのだ

どんなに腹が立とうと、どんなに感情が高ぶろうと

どんなに罰を与えたくても

決して暴力はふるってはいけないし許してはいけない


たとえ体罰でたたこうとしても思わず感情が入ったら

けがをさせてしまうかもしれない

コントロールできる人もいればできない人もいる

だからこそ体罰も一切禁止にすべきなのだ

そして何より心を尽くして言葉を尽くす

そのために心があり言葉があるのだ

人間が人間社会で生きる限りこの精神を高めなければならない

それは学校の勉強や会社の仕事とは別次元のことである

言いたいことや言うべきことががあったら

間髪入れずに

相手がだれであれ

胸に思いをためずに

口に出して思いや意見をハッキリと言う

人間社会においてそれが何より大切なルールだ

そしてそれは自分だけでなく目の前の相手にもそうさせる

一方的に言いたいことを言うだけではそれはまさにパワハラだ

決して暴力(パワハラ)は自分自身もふるわないし相手にもふるわせない

暴力はふるう人間にも振るわれる人間にも周りで見守る人間にも

すべてにおいて何も生まれぬ不毛の行為であり

決して許してはならない行為なのだ

そしてそれは相手が目上であれ上司であれ先生であれ全く関係がない

逆に言えば目上の人間や上司や先生がそれをやった時点で

彼らは尊敬すべき人間ではなくなってしまうのだ


 

TOP