HOME»  純武心幸福道場»  心を全開にしよう»  ティッシュケース坐法で病気半減



 ティッシュケース坐法で病気半減
 

ティッシュケースに座れば座骨に重力が集中する

そうすれば股関節を支点に骨盤が正常な角度を取り戻す

つまり骨盤が立ち出す

ではなぜ骨盤が寝ている=傾いているのか!?

それは人間が太ももを使って座るからだ

太ももを使って座ると太ももに体内重力が分散する

そうすると坐骨に体内重力が集中せず

坐骨が杭打ち効果を発揮できなくなる

そうして重心が太ももサイドに移動する事で

骨盤が股関節を支点に沈下する=傾くのだ

これが
人間にあらゆる病気をもたらすスイッチとなる!!

①まずは骨盤が傾く事で骨盤の形成不全につながる

仙腸関節に異常をきたし腰痛をもたらす

②次に腸・泌尿器・生殖器などの骨盤内の臓器群に異常をもたらす

③仙骨が傾けば当然に上に連なる

腰椎・胸椎・肋骨・肩関節・頸椎・歯の噛み合わせ異常に連鎖する

④骨盤が落ち込み傾けば骨盤直下の血流・リンパ流を阻害し

エコノミークラス症候群や車中泊による血栓が元の急病

リンパの淀みがあらゆる難病につながる事も想像に難くない

⑤骨盤が傾けば股関節異常・歩行困難を生み

介護社会に依存しなければならなくなる

すべては人間社会の重力軽視のL字坐法文化が元凶である


ティッシュケースに座る

たったそれだけの事で骨盤が立ちだす

そうして骨盤が立ち出せば仙腸関節が正常化していくのだ

つまり腰痛の根本原因が軽減する

ついで骨盤内の臓器群(腸・生殖器・泌尿器)も正常化

便秘・不妊・尿漏れが解消されていく

そして仙腸関節=仙骨が正常位置と角度を取り戻す事で

その上の腰椎・胸椎・肋骨・肩関節・頸椎も正常化

肩こりや
歯の噛み合わせも解消されるのは物理的必然である

そして骨盤直下の血流を始めとする循環器群も正常化していく

淀みなく流れる血流やリンパ流の心地良さは半端じゃない

そして骨盤が正常化すれば股関節にも異常な負荷がかからない

・・・・・・・・・・


仙腸関節が完璧になるとこんなことが平気でできる

・・・・・・・・・・

事ほど左様に骨盤が立ちさえすれば

人間の肉体の体内物理が整い

生体機能はほぼ完ぺきに機能するようになる

すなわちあらゆる万病と縁が切れるのだ

裏を返せば人間は太ももを使って座るから

骨盤異常=仙腸関節異常=脊椎異常=骨盤内臓器群不全

=骨盤直下循環器群不全=股関節不全

とドミノ倒しの様に体内物理を崩壊させて

あらゆる生体機能不全を招いている

そして人間社会は有史以来

万病スパイラルから抜け出せないでいる

世界中の人がティッシュケースに座り出せば

病気で苦しむ人が半減し

世界の医療費も半減できる事は間違いない!

デスクワークやドライブで試せばわかる

それがティッシュケース坐法だ




 

 


TOP