HOME»  純武心幸福道場»  死んだら終わり?

 

ずるいことをしてでも悪行してでも自分さえ自分達さえ

良ければいい、勝てばいい、金持ちにさえなれればいい

と思っている人達は大きな勘違いをしている

人間が幸・不幸を感じるのは

肉体でも脳でもない

それは心身を健康にして50年も生きればわかる事だ

幸・不幸を感じるのは間違いなく心臓に宿る

たましい(魂=こころ・霊魂・精神)である

科学的な根拠、そんなものは

人類がいかなる進化をしようとも見つかりはしない

それぞれの人間が心身の健康を保って生きていれば

自然に至るであろう結論だ

少なくともそういうふうに思う事は

人生を幸福に生き抜く上で役立つ筈だ

ドキドキしたり、感動したり、感激したり

打ちのめされたり、激しい怒りを覚えたり

これらはすべて脳ではなく心臓に宿る魂が感じているのだ

そう思った方が判り易いじゃないか

シンプルで明快じゃないか

つまり

世のため人のために生きて

毎日を自他共に幸福に暮らした者の魂(=心)は

それなりの幸福の宇宙船が用意され

それ相応の天国のようなところに行ける

そうして自分がまいた幸福の種の未来を

永遠に見守ることができる(に違いない)

しかし、自分さえ良ければと不正や弱いものいじめ

あげくの果てに犯罪を犯した者は

例え現世で肉体が捕まらず、裁かれずとも

肉体や脳が死んだ瞬間

魂(=心)は捕まり、裁かれる

そうして永遠に罪滅ぼしをさせられる(に違いない)

この世をつくり、人間をつくったのは

誰なのか知る由もないが

まあとりあえず、ばくぜんと神様とするならば

その神様は

人間界では善も悪も、幸福も不幸も

すべて人間の自由にゆだねられた

しかし、霊界では信賞必罰!!

正しく幸福に生きた者には

それ相応に天界行きの宇宙船を用意され

不正に生きて不幸をばら撒いた者には

それ相応に罰を下される

そして肉体の人生と違って霊界には(おそらく)終わりがない

少なくともそう考えればきっと

人生も霊界も楽しいぜよ





 

 

TOP