重力があるからこそ生物が存在する
 


1Gという適切な重力があるからこそ
地球には多様な生物が存在する
裏を返せば
重力のないところには生物は微生物さえ存在しない
動物・植物・微生物
重力があるからこそ大地や大気や水分が根付き
あらゆる生物も必然として生まれたのだ
・・・・・・・・・・
地球には1Gの重力という絶対物理が機能している
人間の肉体もその1Gの重力に適応するように
精巧に設計されているのだ
他の肉体動物に比べて脳の比率が大きい人間は
直立二足歩行として進化するよう設計された
そうして人間は座ることを覚え
より深く沈思黙考し他の動物にはできない
あらゆる文明を進化発展させることができた
・・・・・・・・・・・
しかし人類はその代償として
あらゆる病気(万病)を手にしてしまったのである
野生の強さを失ってしまったのだ
腰痛、肩こり、便秘、冷え性、風邪、不妊
血流不全・リンパ流不全・癌などのあらゆる難病
・・・・・・・・・・・・
すべては人間が太ももに重力を分散させる
L字座法をやりだしたからに他ならない
だからこそ人間は高齢化とともに
氷河のようにゆっくりと確実に
体内物理の基盤である骨盤を
股関節を支点に傾けてしまっているのだ
骨盤が傾くとどうなるか?
重力がマイナスに機能し
あらゆる体内物理の崩壊が始まる
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

骨盤形成不全
(腰痛)
 ↓ 
骨盤内臓器群不全
(便秘・不妊・泌尿器不全)

骨盤周囲循環器群不全
(血流不順・リンパ流不全・エコノミークラス症候群・癌などのあらゆる難病)

腰椎不全
(ギックリ腰)

胸椎不全

肋骨不全
(肋骨内臓器群不全)

肩関節不全
(五十肩・肩こり)

頸椎不全
(頭痛・脳疾患・顔面神経痛)

歯のかみ合わせ不全
(歯痛)

股関節不全
(大腿骨骨折・歩行不全)

膝関節不全
(寝たきり=あらゆる筋肉劣化=誤嚥性肺炎)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
すべては
L字座法による
骨盤の傾きから始まっている

裏を返せば
人間が座る時に
骨盤最下点の左右の座骨に重力を集中させる
I 字座法に徹すれば骨盤を傾けることがなかったのだ
そうすれば重力を味方につけ
あらゆる体内物理を健全に守ることができ
あらゆる生体機能麻痺も招くことがなかった
・・・・・・・・・・・・・・・・・
それは机上の空論ではなく
60歳から偶然に究極の I 字座法をやりだし
それによって61歳にして永年苦しんだの腰痛・肩こりが霧散し
歯の噛み合わせ不全やメタボ腹そして水虫さえ解消し
定期的にひいていた風邪さえ全くひかなくなり
その健康のピークが66歳の今も続いている!!!
そんな私の感動的な肉体が証明しているからこそ言えるのだ
どんな名声もどんな大金もこの幸せには及ばない
それは骨盤が立つ事で
重力がすべての体内物理を正常化させ
すべての生体機能や循環機能が正常化したからに他ならない
こうなると医療も化学薬品も健康食品でさえ不要なのだ
それほど人間は地球の重力と正しく付き合えば
万病と無縁という事なのだ
・・・・・・・・
このまま私が100歳を超えてもピンピンしていれば
世界中のマスコミが連日取材に来るようになるだろう
そうなれば世界中に骨盤が立つ正しい座り方が浸透し
 I 字坐法がグローバルスタンダードになる
そうなれば世界中の座る道具が I 字坐法坐具に生まれ変わり
人類はいつどこで座ろうが骨盤が傾く事がなくなる
そうなると体内物理の崩壊が起こらず
あらゆる生体機能麻痺も起こらなくなる
ということは
医療・薬品・健康食品にお金を使う事がなくなっていく
・・・・・・・・・・
しかしそれまでに
少しでも早くこの事実を世界中の人に知らせたい
そうでなければ
たった一つの

「L字坐法という体内物理の崩壊行為」で
人間本来の健康長寿を享受できない
・・・・・・・・
この大いなる人類の勘違い
どうすれば少しでも早く世界中の人々に
この事実を知らせることができるのだろう?
・・・・・・・・・・
尊敬されるべき
医学に携わる方々が発言してくれればいいが
そんな訳にもいかないよなあ
・・・・・・・















 










 


TOP