新学期が始まる

 


夢や希望がふくらむ

これから多くの勉強や人間関係を経験していく

・・・・・・・・・・

その上で一番大切な事は何か?

それは何より


毎日行きたくなるクラスにする事

それは心地の良い人間関係をつくる事に他ならない

そのためには30人なら30人の個性が色鮮やかに花開く

そんなお花畑や動物園のようなクラスにしなければならない

そのためには何よりクラスの一人一人が



目と心を全開に生きる事


つまりどんな事にも見て見ぬふりをせず

どんな事にも感じて感じぬふりをしない

落ち込んでる奴がいたら「おい、どうした!?」

と声をかけてやろう

悩みを吐き出させる(=悩みのトイレになってやる)

それだけで人間は心が軽くなり元気を取り戻せるものだ

クラスの空気を重く淀ませる事もない

・・・・・・・・・・

言いたい事や言うべき事がある時は

相手がだれであれ胸に思いをためずに間髪入れずに言う

そしてそれは相手にもそうさせる

そうする事で最初はいざこざやケンカになる事もあるだろう

しかしそれはお互いがお互いの個性を知るための大切な一歩だ

お互いが背中を見せず真剣勝負をするならば

いずれ深く理解しあえるようになる

そうすればそんな相手の顔を毎日見たくなるようになる

クラス全員がそういう関係を築きあえば

そのクラスはみんなの宝物になる

毎日学校に行く事が楽しくたまらなくなる

だからこそ


「目で見て」
「心で感じた事は」
「口に出して言おう」


人間の 目 と 心 と 口 はそのためにある


・・・・・・・・・

勉強も全く同じ

授業で学ぶ事に疑問にぶつかったら

すぐに手を挙げ先生に質問しよう

勉強や学習は建物を建てるのと同じ事

一つでもわからない事があると

それは大切な建物の部材がなくなるのと同じ事

そんな手抜きの建物はいずれ崩壊してしまう

つまり

わからないことが一つでもあると

そのあとの授業は一つも頭に入らない

そんな授業は意味がなく大切な時間を浪費するだけだ

それなら興味のある本を読むか部活をするほうがましだ

だからこそ授業を受けていて少しでもわからない事があると

堂々と手を挙げて質問しよう

みんながそうすると最初は混乱し

全く授業が進まない事もあるだろう

しかしそれによっていずれ

基本的な疑問が全員がわかるようになる

そうなると生徒も先生もクラス
の心が一つになる

授業の進み具合が心地よく和やかに加速する!!

みんなで授業を進めることが


楽しくて仕方がなくなる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうやって楽しい人間関係を築きながら

心地良い環境で心を一つに知識を学ぶ日々を送る

その過程で

どうすれば自分の個性を発揮して

太陽のように世のため人のために輝ける人生を送れるか

それを発掘していく

・・・・・・・・・・・


君たちの未来は
夢と希望に満ちている


・・・・・・・・・・・・








 


TOP